妊婦の歯医者通いについて

妊婦の歯医者通いについて

よほどのことが無い限り歯の治療をしてはいけない時期はないですが、妊婦の場合は少し勝手が違ってきます。
歯の治療をするというのは自然と緊張する物で、歯医者さんが歯の中にドリルみたいなのを入れて治療するときは以外と精神的ストレスがかかるものです。歯が痛いと思ったら幕張本郷 歯科へご連絡を
妊娠初期は流産しやすい時期なので過度な緊張やストレスはよくないので、この時期は歯医者の治療は避けたほうが良いかも知れません。
歯の治療の進行具合によっては麻酔が必要なこともありますし、妊婦に麻酔は大丈夫なのか、といわれるとそれは通院している産婦人科に了承を得る必要があります。歯の治療は花見川区 歯科まで
大抵の歯医者は麻酔を使う治療をする前は産婦人科に確認を取ってくれというか、妊娠期間中は麻酔を使わない治療を行い、出産後に麻酔を使う治療をするところもあります。
歯医者によって妊婦への治療方法は異なりますが、何も聞かずに治療して麻酔を使う歯医者は避けたほうが良いですし、麻酔は子供にどんな影響を与えるか分からないのでなるべく避けることをおススメします。歯のことなら花見川区 矯正歯科にお任せ