便利性を求めてリフォーム

永代供養と分骨

供養の一環として、遠距離にすんでいるなどの都合で、本来の墓とは別に遺族の身近に別の墓を設け、遺骨を分けて供養する「分骨」という供養の方法があります。詳しくは名古屋 永代供養をご利用ください。
そもそも分骨とは「遺骨の一部を分け、他に移すこと」とあります。分骨は「個人の身体を2つに分ける」というイメージもあって、僧侶によってはあまりお勧めしない場合もあります。

 

 ですが、昨今の社会環境もあって、遠くに暮らす親族が近くで故人を弔いたいという要望にこたえるために用いられる方法として、最近増加している祭祀の方法でもあります。

 

遺骨を分骨するにあたっては、例えば1つは故郷の先祖代々の墓、もう1つは自宅に近い寺社や墓苑などで永代供養してもらうことも行われるようになっています。
 永代供養といえば、最近多くの寺社や墓苑で行われるようになってきましたが、分骨する場合でも当然受け入れてもらえます。分骨した骨を自分専用の墓石に収めるのか、多くの他人といっしょに合同で納骨してもらうのかによって、永代供養料の金額は変わってきます。
いずれにせよ、誰にも供養されないまま放置されているよりも、どんな場所であっても供養してもらえるということが、亡くなった人にとってもよいはずです。死後の供養のことも考えると、永代供養や分骨は、現代社会においてお勧めできる祭祀の方法の1つだと思います。