便利性を求めてリフォーム

税理士における独占業務

ご気軽にどうぞ、大田区 税理士ココのサイトオススメです。
税理士の独占業務は「税務相談」、「税務代理」、「税務書類の作成」の3つです。独占業務というのは資格保有者だけができる業務であり、資格を持たない人が他人に依頼されて行うことは、有償・無償に関わらず許されません。例えば、友達に頼まれて友達の会社の確定申告書の作成を手伝った、というのは法律違反になります。
ただし、会社の社員が上司に命令されて税務書類を作成するのは法律違反になりません。それは、会社が1つの人格と看做されているため、他人に当たらないからです。
なお、独占業務の中の税務相談というのは、税金に関する相談に応じることです。そして、「相談に応じる」という意味は、依頼者からの税務に関する具体的な質問に対して答えたり、指示またはアドバイスを与えたりすることです。
従って単に、税金の計算の仕方を教えたり、税金の解説をしたりすることは税務相談とは言わないため、税理士の独占業務には当たりません。そのため、評論家やエコノミストがセミナーなどで一般的な税金の内容を教えたり、税法の話をしたりするのは法律違反にはなりません。