便利性を求めてリフォーム

賃貸物件の新築には注意点がある

相続税が改正され課税範囲が拡がる見通しとなったため、不動産を活用して賃貸物件を建てる動きが活発化しています。
ご相談ください秋田 注文住宅ならこちら。
住む側からすれば新築の物件が多くなるため嬉しい傾向ですが、新築の賃貸物件選びには注意が必要です。それは工事期間中から募集を開始するため、人気の高い物件は先を越されないよう実物が完成する前に間取り図だけで判断しないといけないということです。
図面だけで部屋の空間をイメージすることは困難ですし、細かい寸法やコンセントの位置は実物を見ないと分かりません。そのため入居後に「思ったのと違った」とトラブルになるケースもあります。
また完成時期によっては入居者の予定に合わせるために突貫工事で完成させている物件も多くあり、住み始めて間もなく不具合が生じるケースもあります。
新築物件で生活を始めることは確かに気分のいいものですが、かといって焦って選ばないようにすることも必要です。「新築」というフレーズだけで安易に選ばないように気を付けましょう。